グローバルナビ

  • HOME
  • えにっき
  • ねこベース
  • ぐっジョブ
  • ねことば
  • みょと
  • ゲーム
  • イベント
  • ぷろふぃーる
  • お問い合わせ ご意見ご希望
  • 今日のできごと
  • 猫舌商会

いべんと ワタシと友人がネコ様のイラストと写真をネコ様好きな人々にぶつけてみました。(「ぶつける」のイミをあまり深く考えないで下さい)

第5回の猫2展は、
2002年 6月4日(火)〜6月9日(日) に行いました。
ワールドカップと正面対決となり、玉砕かと思われる日程でした。

毎年悩んでいるんですが、上村氏の写真は載せようかどうしようか。
額装された写真をデジカメで撮る・・・。これはやはり無謀だ。
よってご紹介できませんでした。ごめんなさい。

写真・・・上村知佐子
イラスト/立体・・・本間とよみ

会場風景

こんな風に展示しました。
上の写真の奥が気になりますね

ねこねこ神社
真ん中は「吉祥天女(きっしょうてんにゃ)」 横は「狛猫」
こんなモノが飾られていました。
「一刀彫ですか?」一日一回は聞かれました。
「勝った・・・」
この言葉を聞くためにワタシはがんばったんだと思いました。素材は粘土です。
おみくじも作っちゃったりして、結果によって皆さんなかなか盛り上がってくれました。

神社ですからお祭りがあります。
にゃんじり祭
毛皮の柄によりグループ分けをし自分たちの柄の「にゃんじり」を引き回して町内を走り回る。他の「にゃんじり」に出会ったら思い切り尻同士でぶつけ合う。参加するとスッキリするが、ケガにゃんが必ず出る上、家の修復代もバカにならないことでも有名。
みけ祭
年の初めに町内で一番器量がよい年頃のミケを装飾し神前に供えて五穀豊穣を祈る。この祭りの日は、町の内外から「器量よしのミケ」を見るために猫が集まる。どこかの資産家に見そめられ、嫁入りというケースもまれにある。
にゃおん祭
三大祭りのひとつと言われる、多分
どこよりも雅な祭。海外からも観光客が来て見ていたりする。取りあえず祭を語るならはずしちゃいけないであろう。
にゃんばしら祭
大木を切り倒して市内を引きずり回すという、聞いただけでは何が楽しいのかわからない祭。しかし内容は山からにゃんばしらを谷にすべり落としたり、川を渡ったりと興奮する内容がもりだくさん。七年に一度しかないが、過激なためケガにゃんや死にゃんが絶えないのに誰もやめようと言い出さない祭。一説には大木はマタタビ科の木を使用するらしい。

おみくじを作っておみくじ用のイラストを展示。
おみくじは気付かないのかひこうとしない人が多くて残念でした。
内容はかなりおもしろいと思ったのになあ。
「後で引こうと思ってて、引くの忘れた」と言ってきた人がたくさんいました。

毎年お花をいただくのがとても嬉しい2人です。

ご来場のみなさま、いろいろご協力、ご声援下さったみなさま、ありがとうございました。
来年もまた開催できるよう、がんばります。

<<第4回猫展の様子を見る イベントメニューに戻る 第6回猫展の様子を見る>>